中村公彦

中村公彦

KIMIHIKO NAKAMURA
日本映画学校卒業後、スタッフを経て映画・Vシネマに多数出演。
函館港イルミナシオン映画祭第14回シナリオ大賞でオリジナル脚本『指先に咲いた花』が準グランプリを受賞してからは監督・脚本業に比重を移す。
監督作『スモーキング・エイリアンズ』ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018ゆうばりチョイス部門選出、『101回目のベッド・イン』MOOSIC LAB 2015 審査員特別賞、脚本作『2085年、恋愛消滅。』第8回ラブストーリー映画祭特別賞。
他の劇場公開作品に、監督作『恋のプロトタイプ』、『EIKEN BOOGIE ~涙のリターンマッチ~』、『はじめての悪魔祓い』(オムニバス『傷女子』収録)、『レミューテック』『Dark Lake』(オムニバス『AKB ShortShorts Project 9つの窓』収録)、脚本作『俺は前世に恋をする』『私だってするんです』など。